スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

自分のなかの小さななぞなぞ

 これからの日本酒のプロモーション、特に海外向けのプロモーションにはフードペアリングの軸が肝になると言われています。 日本酒は食中酒として飲まれてきましたが、時代劇を見ても「この料理にはこの酒が合うぞ」なんていうセリフが出てくることはありませんね。それに伝統的な酒飲みは塩を舐めながら酒を飲むなんて言われているように、シンプルな塩辛いつまみをちょっと口にしながら延々と酒を飲み続けるというのが日本酒の伝統的な飲み方のように思えます。 この時代には、今のような様々なタイプの日本酒は存在しなかったのです。酒といえば酒。ひとつの蔵元に大吟醸・純米吟醸・純米・本醸造・普通酒・にごり・古酒・貴醸酒… なんていうバラエティはありませんでした。ですから料理に合わせて酒を楽しむというよりは、酒の甘味・旨味を引き立たせる塩味を肴に延々と酒を飲み、最後にご飯とお汁を頂いて〆るというスタイルが一般的でした。というか、昭和の時代までは多かれ少なかれこのようなスタイルが酒の楽しみ方だったと思います。 吟醸酒が世に出てから、日本酒のバラエティが広がり始めました。平成の時代はまさに日本酒が羽を広げて飛び回り始めた時代とも言えるでしょう。ワインの人気上昇とともに、日本酒も同じ食中酒の醸造酒としてソムリエを中心とした人々によって料理とのペアリングが真剣に検討されるようになりました。 以来、ペアリングは日々進歩を続けています。 ワインにはペアリングの長い歴史がありますが、今でもそのセオリーは主として官能に頼った主観的なものが多く、ペアリングを科学的に理論立てて説明したものは少ないように感じます。 その中で、藤原正雄さんと渡辺正澄さんが考察された「ピタピタ理論」は、ワインの有機酸組成に焦点を絞って温度と官能の関係や、素材・調味料から作られる料理の「強さ」をもとにペアリングを説明している、非常に簡単で説得力のある理屈でした。 私はワインを勉強している時にこの考え方に出会い、その後日本酒の勉強にもずっとこの考え方をベースとして引きずっています。 このピタピタ理論の日本酒ペアリングは、簡単に言えば「さっぱりした料理はさっぱりした酒に、こってりした料理はこってりした酒に合う」といういたって当たり前のような理屈です。そして、大抵のペアリングは素材や調味料・料理法が「さっぱり」か「こってり」かを把握していれば、この簡単

最新の投稿

黄金色の風景

日本酒の賞味期限について

日本酒にみる木の文化と樽酒

コロナで見えてきた新しい海外戦略の可能性

イベントを巡る試行錯誤

SAKE+文化 のトライアル

コロナ禍が海外の日本酒市場にもたらす影響

熟成した日本酒の魅力と市場の可能性について

焼酎もペアリングの時代に入ったか

日本酒や本格焼酎カクテルを面白く遊ぶ