スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

黄金色の風景

コロナは世界的に本当に様々な影響を及ぼしました。外食から内食へのシフトが進んで、欧米では料理ブームになっているとか。今までよほど外食が多かったのか、冷食をそのままチンして食べていたのか。いずれにせよ、リモートワークと外出自粛のために、多くの人が自宅で過ごす時間が増えて、その結果いろいろなことが起きているということでしょう。家庭でできるエクササイズとか、いままでは考えられなかった散歩の習慣とか。微笑ましいことですし、今まで少し希薄だった家族の時間が増え、例えば(あまり良い例ではありませんが)仮面夫婦だった家にも夫婦の会話が生まれたと聞きました。一方で、家族と過ごす時間が多すぎることにストレスを覚える人たちがいることも確かなようです。特に営業職が天職というタイプ。人と会って話してというところから、すべてが始まるタイプの人々にとっては、家に閉じこもって家族以外の人と話すことがなく、新しい刺激が見つからないことに、物足りなさとストレスを感じているようです。良いこと悪いことを含めて「新しい生活」。そのなかで、自分の新しいライフスタイルを構築してゆくしかないのですね。文句を言っても仕方がない。文句を言う相手もありません。さて、今回のコロナによる緊急事態を受けて、地方への移住を考える若者が多くなったと聞きました。リモートワークが普通になり、家庭にPCが1台あれば大抵の仕事や打合せはこと足りるということがわかってしまえば、なにも家賃が高くて、夏は耐え難く暑く、どこへ行っても混雑していて、満員電車の通勤に毎日長時間耐えなくてはならない生活に固執する必要はないと思います。これをきっかけに地方移住がトレンドになり、地方都市の人口が増加すれば、どうやっても止まらなかった東京一極集中に歯止めがかかり、地方創生への道筋が多少なりとも開けるというものです。私は東京生まれの東京育ち、それも本当の都心育ちですが、小さい時からそれほど東京という町が好きではありませんでした。確かに東京には何でもあります。特に食いしん坊の私にとっては、美味しい店が掘り尽くせないほどたくさんあるということは天国。この次はどこへ行ってやろうと頭のなかで妄想しているだけで、かなり満足感が満たされるほど。映画館も美術展も、コンサートも、スポーツイベントも。ある休日、暇だなと思ってからちょいと調べれば、相当に満足感のある休日の…

最新の投稿

日本酒の賞味期限について

日本酒にみる木の文化と樽酒

コロナで見えてきた新しい海外戦略の可能性

イベントを巡る試行錯誤

SAKE+文化 のトライアル

コロナ禍が海外の日本酒市場にもたらす影響

熟成した日本酒の魅力と市場の可能性について

焼酎もペアリングの時代に入ったか

日本酒や本格焼酎カクテルを面白く遊ぶ

フランスソムリエ協会とのパートナーシップ